鹿島の方から、絵画の買取査定のご依頼

佐賀市に用事で行くので持って来るから査定してください、納得すれば引き取って欲しいとの御要望です。

正直、難しい案件だなと思いました。美術、古美術品の世界はかなりトレンドが価格に反映され価格変動が激しい世界です。その中での絵画の市場は今は低調で、中々値段が付きにくいのが現状です。

 

佐賀市で待ち合わせして査定をさせて頂きましたが、私は絵を見る前に今の市場の状況をお伝えしました。

拝見してから状況を説明するのは失礼だし駆け引きをしているのではと思られるのではと考えたからです。

箱を開けたら良い作品でした。

 

 

決心して持ち出された絵、折角ですから出来るだけ高値で提案したいと思い、頑張った査定をしました。

 

それでも、買った価格からすると馬鹿みたいな値段です。

 

私も美術品は好きなほうですから、所有者の気持ちはすごくわかります。

 

「怒らないでくださいね、」

 

と前置きして価格提示をすると、うなづきながら

 

「いいよ、そっちの車に乗せ換えよう」

 

とのご返事を頂きました。

 

「また連絡するからよろしくね」

 

とのお言葉も頂き、取引終了となりました。

 

 

・・・・・が、

頑張りに頑張った査定価格、はたして利益が出るのか心配になってきてドキドキしてきました。

毎回ですが買取、特に美術品は難し~い