佐賀 遺品整理 仏壇処分 不用品処分 住まいるパートナー

遺品整理/仏壇処分

電話で相談する

遺品整理事例の一部を紹介

遺品整理/仏壇処分という心のあり方

そして住まいるパートナーでは、亡くなられた方の遺品などの整理という事についてはとても大事に扱わなければならないものとして考えています。その為に必要な物はなるべくお祓いや供養なども行い、さらには遺品という資産をご遺族様へ還元できるようにするというとても大事な事へも対処するために、特殊な資格も取得致しました。
人の心、サービスの質、信頼、信用全てを高める為に日々必要な勉強や技術の取得に励んでいます。
実の親の遺品整理を実際に行ったという経験もございます。
もし、急な対応で遺産を整理しなくてはならなくなったなど、遺品整理についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

遺品の仕分け方【貴重品】この事例の「貴重品」とは、金品だけに限定しず、故人に関連する大切書類や所有していた不動産の権利・情報を指します。

貴重品といわれる主なものは、次のとおりです。

・銀行の通帳・クレジットカードやキャッシュカード
・印鑑・健康保険証
・マイナンバーカード
・パスポート
・年金手帳
・公共料金等の請求書や領収書
・有価証券
・契約書類
・不動産などの権利結びつき書類
・美点の高い物(貴金属や宝石、美術品など)など

これらの貴重品を片付けするには、法的な申込み手順が必須です。
期日が設けられている事があるため、絶対優先的に処理するようにしましょう。

【形見(記憶の品)】形見とは、故人が残したものの中でも、特にその人が愛用していたものや、メモリーの品の事です。

貴重品とは異なるものの、故人とのメモリーを忘れないための大事な品です。

【再活用可能なもの】家電製品や衣類、新聞など材質を再使用可能なものがあれば、保管しておくかリサイクル業者などに引き取ってもらいましょう。

中にはリサイクルせずにとっておいたほうがいいものもありますので、用心して片付けする事が価値があるです。

【廃棄するもの】故人の残したものを破棄するのは度胸のいる事ですが、無用だと感じたものは一思いに捨てましょう。

あれもこれも残しておくと、後から収拾がつかなくなる見込みがあります。
明らかなくずや今後利用しそうにないものは、潔く廃棄する事も必須です。
生前の写真やアルバム、日記など、かさばるけども廃棄するのをためらうようなものは、データにして残すという手段もあります。
小柄にしまえるデータ保存にすれば、故人との多くのメモリーを廃棄する事なく、長い間清純なステータスで残しておけるでしょう。

遺品整頓のポイントに「正解」はない

遺品片付けの時分に関して具体的な日数などは決められていないため、「これが正解」というものはないのです。
法事の支度などが水準を満たすまで安らぎ、時に都合がつく瞬間で片付けをスタート出来ましょう。

物によって片付けの頃合は異なる法的な申込み手順が不可欠なものや相続税が必要になるものは、早めの対処が不可欠です。

中には、申込み手順の期日が決められているものもあるため、前もってに調査しておくと、焦らずスムーズに進められます。
優先的に対処しなければならないものを先に処理し、メモリーが詰まっているものは時をかけてじっくり片付けるなど、ものによって整頓のタイミングを分けるのも推奨です。

遺品整頓の時分の指標おおまかな判断基準としては、区切りの良い四十九日や百日法要の後や、親類が一同に集まる一周忌などの瞬間が好ましいでしょう。

親戚がいないケースに一人で遺品整頓をスタート出来てしまうのは、トラブルのもとです。
遺品整頓は、親類(相続人)が揃って、話し合いながら行ってください。
加えて、故人が賃貸物件に住んでいたケースは、家賃や個室の明け渡しの結びつきから、少々急がなければならない事もありますので、管理法人や大家さんに検証してみましょう。
悲しみが水準を満たすまで癒え、本人の心境が大人なてからゆったりと遺品片付けを行うという技術もあります。
遺品整頓のメソッド遺品整頓にはだいたい、自身たちで行うメソッドとエキスパートに申し入れする技術の二つがあります。
自身たちで行う時とエキスパートに申し入れする事例の、各々の良いところ・悪いところをお伝えします。

良くないパターンとは故人の遺品を特定の身内で整頓する事

遺品の仕分けから各種申込み手順までをすべて自身たちで行います。
良い面としては、故人の残したものを慎重に仕分け可能な事や、出費が抑えられる事などが挙げられます。
逆に、多くの時と手間を要する点が悪いところです。
その上、心情の整頓がついていない状況で行った時、加えて悲しみが深まってしまうというデリケートな問題もあります。

遺品整理のプロに注文する遺品整頓のもう一つの手段は、遺品の仕分けから各種申込み手順までを専門家に要請する事です。

遺品整頓士という資格を持つ、経験豊富なエキスパートに頼む事で、心配無用して任せられるという良いところがあります。
本人の体が不自由で遺品整頓ができないというケースの頼りにもなります。
悪い面としては、「費用がかかる」「第三者が介入する事で相続結びつきにトラブルが現れてする見込みがある」などが挙げられます。
故人の残したものを適切に処理してもらえるよう、応対が親身で自身たちの要求に精いっぱい応えようとしてくれるような法人を選択しましょう。
遺品片付けの注意すべきポイント遺品片付けを自らたちで行う事例も、エキスパートに頼む時も、気をつけなければならない注意すべきポイントがあります。

親戚とのトラブル相続人がいくつかいる事例、一人で遺品整頓を行うと、金品の配分などをめぐってトラブルにつながりかねません。
遺品整頓は、自己決断ではなく絶対相続人みんなで一緒に行ってください。

申込み手順書類の早めの支度申込み手順が必須な書類の中には、期日が設けられているものもあります。
特に貴重品の整頓は、早いうちに片付けるほうが良いでしょう。

処分に迷うものは一度保留遺品を片付けしている途中で処分のメソッドに迷うものが出てきたら、一度保留にしておく事を推奨します。
故人が死亡して間もないうちに遺品整頓を行わなければならないケース、悲しみが大きく冷静な決断力が欠けている事があるからです。
時を置き、想いが大人なてからあらためて決断すると、「あの事例捨てなければよかった」と悔やみする事もなくなるでしょう。
遺品整頓の時分や手段は人各々法事や各種申込み手順などで、故人の死をのんびり悲しむ暇もない上に、遺品片付けまでしなければならないと思うと、心境が重くなってしまう人もいるでしょう。
けれども、遺品片付けは親戚や身内が死亡したら直ちにに取り掛からなければならないと決まっているわけではなく、開始する時期や整頓のメソッドは人各々です。
理不尽に整頓を開始するのではなく、自身にとって適切な頃合を見極めてから取り掛かると良いでしょう。

住まいるパートナーの事業紹介

不用品回収

引っ越しなどで、不要になった家電・家具など1点より回収致します。

遺品整理

故人ゆかりの遺品を丁寧に仕分け整理致します。

お片付け

手に負えなくなったお部屋・倉庫・ゴミ屋敷など片付け致します。

家電・美術品などの買取

古物商の免許をもっておりますので、安心してお声掛けください

各種事業資格の紹介

遺品整理士認定証

一般社団法人維新整理士認定協会による認定証です。

整理収納アドバイザー2級

特定非営利活動法人ハウスキーピング協会認定の整理収納アドバイザー2級証明書です。

お片付け

遺品整理士認定書

便利屋業としての信念や想い

毎日の生活というのは、時間経過とともに変化していきます。新しい人との出会い、新しい命の誕生、悲しい命の終わりなど‥その為に、家、居住空間、部屋の棚、ソファ、洗濯機の買い替えから処分、そして亡くなられた方の遺品をどうするのか?など…このように人の営みが存在する以上、その人の生活に合わせて、必要な物不要な物、大事に取っておくものなどが様々に入れ替わります。その時に、重たくて移動できない、どこに処分すればいいのか分からない等、なかなか難しい問題も発生すると思います。その時に都合よく、都合がいい時間に、都合がいい費用で都合よく解決する為に、住まいるパートナーへご相談下さい。

会社近隣マップ

ご依頼については、直接ご来店いただく必要はございませんが、何かの折に弊社へお越しいただく際は、お助けマン参上という大きな看板を目印にされてください。
また、現場へ出かけている事が多いので、ご来社の際には、お電話いただけますようお願い致します。

〒840-2106 佐賀県佐賀市諸富町山領457-3

佐賀 遺品整理/仏壇供養処分/ 不用品回収:便利屋住まいるパートナー
タイトルとURLをコピーしました